雹が降った大安の深夜に立ちっぱなしで

料理長は鬼だが悪魔じゃない
人生において、「ミュージシャン」のポジションってなんなんだろう。無関心と言える?「戦術」は、あなたにとってはなんの意味があるんだろう。

泣きながら叫ぶあいつと飛行機雲

南九州の50〜60代の女の人は、日々、お花をお墓にしているから、そのために、菊がふんだんに必要で、菊農家も多い。
深夜、原付で走行していると、電照菊の明かりがしきりに深夜、原付で走行していると、電照菊の明かりがしきりに視野にはいってくる。
家屋の明かりはたいそう少ない地方かといって、菊の為の光はよく目にとびこむ。
菊の栽培照明はしきりに目に入っても人通りはめちゃめちゃ少なく街灯の光もすごくほんの少しで、危険なので、高校生など、駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

雲が多い平日の昼は座ったままで
業務で必要性のある太い竹をコンスタントに受け取れるようになって、助かっているのだけれど、竹が障害となっていてガンガン運び出してほしい土地管理者は、こちらの必要量よりモウソウダケを持って運び帰らせようとするので大変だ。
あきれるほど多く持って帰っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、モウソウダケが邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれとしきりに頼まれる。
こちらもいるものをもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

よく晴れた仏滅の晩は友人と

現在のネイルブースは、バイオジェルなど、凄く高い技術が駆使されているみたいだ。
気持ち程サービスしてもらえるインビを貰ったので、店に行ってみた。
思いっきり、柄や雰囲気に対して、こだわってしまうので、決めるのに時間を使った。
親指にシンプルなアートをしてもらって、その日は上機嫌になった。

曇っている祝日の早朝にカクテルを
以前、入社して多くの仕事仲間に囲まれて属していた。
しかし、3年が経過すると、誰かと共に何かをするというのが無理だと実感した。
働く時間が長く、何名かで進めるので、どうしても噂話がしょっちゅう。
噂話を聞きたいと思えば上手くやっていけるのかもしれない。
だけど、時間の無駄としか思えないのだ。
そして、仕事のペースがスローな人に合わせるという辛抱ができない、早い人に合わせられない。
普通は、努力が足りない!と思うだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。

騒がしくダンスするあの子と夕焼け

学生時代、両親は、私の人付き合いに対し大いに積極性を強いてきた。
一般的より離れてはダメだ、など。
凄く生きにくい時代だったと思う。
授業が終わると、ほぼ毎日嘘の話を楽しそうに母に伝える。
そうすると、安心したような顔を見せてくれる。
周囲と変わったことをすると、好かれない。
常にこればかり思っていた昔の私とお母さん。
悲しい話だと今は思う。

一生懸命体操する友達と花粉症
北方謙三版の水滸伝の血が通っていて凛々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要な人物が108人でてくるが、敵方、権力側の人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
キャラクターに人間くさい弱さが見えるのもかつまた、心がひかれるわけだ。
弱いなりに自分の夢とか未来の為に可能な限り頑張っているのが精読していてはまる。
読みあさっていておもしろい。
しかれども、ひきつけられる作中人物が悲しい目にあったり、夢がなくなっていく描写も胸にひびくものがあるからひきつけられる大衆小説だ。

曇っている日曜の晩に昔を思い出す

江國香織の物語に出てくるヒロインは、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那さん以外との恋愛をそこまで責めない。
遊びと、本当に好きなのは旦那さんだけのただ一人。
という女性がよく登場するような気がします。
不倫を陰だとしてみると、旦那さまは陽。
突然スイッチが入ったように陰が現れる。
不倫に対する価値観は無視して、その物語の女の人を研究する。
私の中に新しい愛や見解が登場することもある。

暑い火曜の午前は窓から
知佳子はAさんの事が大好きなようだ。
Aさんも知佳子の事を可愛いと思っている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子もついて行くし、つい最近は私も一晩だけ付き添った。
2人は私の事を同じ呼び方で呼ぶし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、とりあえず、私に求めてくれる。
なんだか気にかけてくれているような感じがしてかなり雰囲気がよかった。

泣きながら大声を出す君と穴のあいた靴下

個人のほとんどは水分という研究もあるので、水の摂取は人の基礎です。
水の補給を欠かすことなく、お互いに健康で楽しい季節を過ごしたいものです。
きらめく強い日差しの中より蝉の声が耳に届くこの時期、普段そこまで外出しないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策について敏感な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のケアは夏が過ぎた時に出てくるといいますので、やっぱり気になってしまう所ですね。
そして、誰もが気にかけているのが水分補給につてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは例外かもしれません。
というのは、多く汗をかいて、知らない間に体から水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の体調も関係するかもしれません。
ともすると、自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の盛りの水分摂取は、次の瞬間の体調に出るといっても過言にはならないかもしれません。
ちょっとだけ外へ出る時も、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があると非常に経済的です。
個人のほとんどは水分という研究もあるので、水の摂取は人の基礎です。
水の補給を欠かすことなく、お互いに健康で楽しい季節を過ごしたいものです。

月が見える平日の午後は読書を
働き始めて間もないころ、よく理解していなかったので、大変なトラブルを起こしてしまった。
罪悪感を持つことはないといってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の仕方も分からず、悲しい顔をしてしまった。
同じく新人らしきお客さんが、高そうなマキュアートをあげる、と言ってくれた。
勘違いで2つ注文しちゃったんだよね、とニコニコしながら違う種類の飲み物を手に2つ。
長身で、細身で、とても優しい表情をした男性。
悪かったな、と思い返す。

◎メニュー

◎メニュー

Copyright (c) 2015 料理長は鬼だが悪魔じゃない All rights reserved.