汗をたらして体操するあの子とオレ

料理長は鬼だが悪魔じゃない
例えば、地球を初めて見る宇宙人に「食欲」を説明するとしたら、どんなふうに説明する?「タイフーン」の成り立ちとか、いや、まず地球や世界についての説明からするのかもしれない。

雹が降った水曜の深夜に冷酒を

知佳子のアパートのベランダにて育てているミニトマトは、可哀想な運命かもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、稀にミックスジュースをあげたり、だし汁をあげたり。
酔っぱらった私と彼女に、ビールを飲まされたこともある。
ミニトマトの親である彼女は、こんどぜひトマトジュースを飲ませたいらしい。
すでにトマトの心は完全にシカト。

ぽかぽかした仏滅の昼に歩いてみる
どういうわけか布は金額がする。
自分の子供が幼稚園に9月から行くので、本入れやボール入れが持っていかなくてはならないだけれども、しかし、どこか生地がばかにならなかった。
ひとしお、固有のキャラクターものの布なんて、非常に高かった。
幼児向けのキャラクターものの縫物用の布がすごく高かった。
必要なサイズの本入れやボール入れを買った方が早いし、以外と安いのだけれども、しかし、へんぴな所なので、みんな、家でつくったものだし、近所に売っていない。

控え目に熱弁する彼女と季節はずれの雪

子供のころよりNHK教育テレビを見ることがとても多くなった。
昔は、父親や祖母が視聴していたら、民放のものが視聴したいのに考えていたが、最近は、NHKを好んで見る。
かたくないものがとても少ないと思っていたのだけども、近頃は、若者向きの番組も多いと思う。
そして、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それ以外に、攻撃的でないもの番組や息子に悪影響が非常に少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンですらものすごく暴力的のように見える。
毎週殴って終わりだから、子供も真似するようになってしまった。

泣きながら自転車をこぐあの人と濡れたTシャツ
誰もが知る見学箇所になっている、法隆寺へ向かった。
法隆寺式の伽藍配置もばっちり見学できて、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
展示室で、国宝に指定されている玉虫厨子があり、想像よりも巨大なものだった。
この寺についてを学ぶには、きっと、かなりの時間を要するのではないかと考えている。

ノリノリでダンスする弟と冷たい雨

ほほえみって綺麗だなーと思うので、できるだけ笑顔で過ごせるように気を付けている。
なるべく、場所と場合を見て。
けれど、他人に強引に押し付けてはだめ。
要は、一括では言えないが、自身の概念として。
先程まで真顔で一生懸命に働いていた人が、ほころばせた瞬間。
これも大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!とよく言う友人。
気持ちも理解できるかもしれない。

ぽかぽかした日曜の昼に熱燗を
MCで有名な人が突然引退表明!!みたいで、テレビでたんまりやっているが、非常にすごいですね。
次期日本の首相がどのような人になるかっていう話より報道では順序が先ですからね。
誰が国の総理になろうが変化しないと考える人もたいそういますし、それよりはMCで有名な人が芸能界を突然引退表明!!というのが何かしら影響がでるということですかね。

自信を持って踊る先生と僕

カメラ自体、めちゃくちゃ好きだけれど、それを抜きにしても別格と言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
2000円強出せば取っ付きやすいカメラが簡単に得られるし、SDがあればパソコンですぐ再現できる。
臨場感や、奇跡の瞬間を撮るには、ピント調節ができるカメラが似合うと思う。
だけど、流れている雰囲気や季節感を収める時には、トイカメには他の何にもかなわないと熟考する。

気分良く自転車をこぐ友人と読みかけの本
雑誌を眺めていたり人ごみに行くと綺麗だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、魅力があったりオーラがあったり。
その人の雰囲気は、その人の内面かもしれない。
結構大事だと思う。
私が注目しているのがアーティストの西野カナだ。
コンサートに行って初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い子!と注目せずにいられない。
ふっくらした頬に、スタイルも程よい感じ、パステルカラーが凄く似合うイメージ。
会話がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
彼女の曲は割と聞いていたけれど、話している姿を見てもっと大好きになった。

じめじめした木曜の夕方に歩いてみる

先日、麻衣子と明日香とツアーに行ってきました。
明日香と麻衣子は、私が通っていた学生時代の仲間で、一緒に頑張った仲です。
しかも、勉強していたのが旅行業と、英語だったので、旅が趣味だという学生たちであふれていました。
その中でも、明日香と麻衣子を含む仲良し6人で色々なところへ旅行に行った思い出は忘れられません。
私は今までそれほど仲のいい友達が多くないし、しかもそれで良いと思っています。
という事で、単純にうれしかったけれど、横で麻衣子が満足そうな顔をしていたのも私のツボでした。

夢中で熱弁するあの子と草原
家の前の庭でハンモックに寝そべり、心地よい風に吹かれるのを楽しむ、休日の夕暮れの事。
頭上には少し気の早い月が瞬いていた。少年は、我が家のネコが「ギャニャァッ!」と吠える声に驚き、ハンモックから下に落ちてしまった。
よく見てみると、ネコは蛇と対峙し、尻尾まで立てて興奮しながらも威嚇していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒も持っていなさそうだったので、少年はそばに落ちていた棒を振って追い払い、ネコを抱いてまたハンモックに寝そべった。少年は、ネコの頭をなでてやりながら胸の上で寝かせ、気持ちの良い風に身をゆだねた。

◎メニュー

◎メニュー

Copyright (c) 2015 料理長は鬼だが悪魔じゃない All rights reserved.